慣らし運転第一段階終了。4000・6000各回転での速度はどれくらい?

カワサキ車における慣らし運転。

f:id:nintemyou:20200518205517j:plain

慣らし運転をしないといけないかと言われれば、必ずしもそういうわけではありません。昔のバイクに比べ、部品の精度は向上しているので不具合が出ると言うような事はないです。

しかし、バイクの性能を維持し寿命を延ばすためにならし運転はしておいた方が良いと思います。

400cc以上のモデルでは350kmまで4000回転、600kmまでは6000回転、1000kmまでは控えめな運転ということになっています。

先日までに350kmを走り4000回転縛りから解放され、6000回転まで回せるようになったのでどれくらいの速度が出せるのか、また走りがどう変わったかを話していきます。

計測はRideology appを使用しました。

その時で何キロ出たかいちいち覚えてられないので、Rideologyアプリのライディングログを活用しました。

このアプリの詳細については過去に紹介した記事を貼っておきます。

ライディングログのグラフは見たい情報以外非表示にできるので様々な数値と比較ができます。

下の画像では青がギアポジション、黄色がエンジン回転数、ピンクが速度を表しています。ピッタリの回転数で記録がされないので4000または6000回転付近での速度になります。

ちなみに4速以上で6000回転まで回すと100km/hを超えてしまうため大っぴらに書けないのでそこらへん察してください。あくまでこのくらいという感覚でお願いします。笑

Ninja 1000SXの4000回転での各ギアの速度。

  • 1速 40km/h
    f:id:nintemyou:20200518205542j:plain
  • 2速 53km/h
    f:id:nintemyou:20200518205548j:plain
  • 3速 66km/h
    f:id:nintemyou:20200518205531j:plain
  • 4速 75km/h
    f:id:nintemyou:20200518205522j:plain
  • 5速 83km/h
    f:id:nintemyou:20200518205602j:plain
  • 6速 94km/h
    f:id:nintemyou:20200518205526j:plain

Ninja 1000SXの6000回転での各ギアの速度。

  • 1速 59km/h
    f:id:nintemyou:20200518205608j:plain
  • 2速 80km/h
    f:id:nintemyou:20200518205536j:plain
  • 3速 96km/h
    f:id:nintemyou:20200518205554j:plain
  • 4速 ぬぬふkm/h
  • 5速 ぬふおkm/h
  • 6速 ぬうふkm/h

走りの変化。6000回転まででも解放感がすごい。

通常走行であれば4000回転でも問題はないですね。巡航速度で90km/h以上出るのですぐに高速でも走れます。さすが1000ccの大型だけはあります。

そして6000回転あれば十分過ぎる速度が出せます。このくらい回せば高速でも追い越しが楽にできます。6000回転まで回せるようになったら、それまでとは比較にならないくらい楽しいです。

クイックシフターがある事で加速がスムーズでついつい回したくなる衝動に駆られてしまいます。気づいたらとんでもない速度になっているので注意ですね。笑

最大トルク発生回転数が8000回転なのでまだ伸びしろがあると考えるとやっぱリッターバイクはすごいなぁとつくづく思います。

あと6000回転を超えてくると車体の振動も大きくなっていき、さすがに常用するのは疲れます。普段は2500~4500回転くらいで収めておくくらいがちょうどいいです。

正直そこまで回転数をきっちり守らないといけないとは思いませんが、慣らし運転中は自身もマシン慣れるという意味合いもあると思うのでもうしばらくじっくりと乗っていきたいと思います。

スポンサーリンク
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!