日本一の落差、称名滝へ行ってきた。宣言解除後のソロツー。

称名滝までソロツーリングしました。

ほとんどの県で緊急事態宣言が解除されて自粛ムードも和らいできたところもあり、少し遠出をするために富山県立山町の称名滝まで行ってきました。

普段は近所をちょろちょろ走るくらいだったのでどこかに向かってまともに走るのは初めてになります。

ちなみに富山県民なので越境はしてないです。この時はまだ宣言解除されてから最初の週末でもあり、状況は以前と変わらない感じがしますし、自粛警察に何されるかわからないので今月中、初回点検が終わる頃までは県外に行くのは控えようと思います。

称名滝は立山連峰から流れる水が350mの落差から流れ落ちる迫力ある滝でこの落差350mは日本一で見ごたえがあります。

一度行ったことがある記憶があるようなないような感じなので場所に関してはわかっていませんでしたがアクセスはバイクでもしやすいところでした。

称名滝までのアクセス。国道8号から。

称名滝は常願寺川の支流なので、川に沿って行くのがわかりやすいと思います。

国道8号線からだと水橋二杉の交差点を曲がり堤防沿いを走っていくという感じになります。

金沢・富山方面からだと常願寺川にかかる雄峰大橋を渡ったすぐの交差点を左折です。

その後、県道15号から県道6号に入って、道なりに進んでいきます。そうすると県道170号・称名滝の案内看板があるのでそれに従い上っていくと到着です。

駐車場からは徒歩で移動。

f:id:nintemyou:20200519150828j:plain
f:id:nintemyou:20200519150745j:plain

駐車場から滝が臨める展望台までは約1.2km、高低差100mの道のりがあります。道自体は整備されていますが、それなりの距離があります。

f:id:nintemyou:20200519150730j:plain

標高1000mくらいですが残雪がありました。このときの気温は15℃くらいでしたのでそこまで寒くはありませんでした。むしろ歩いて上っているので、少し暑いくらいでした。

また、ここまで来る途中に砂防ダムがいくつも並んでおり、滝に近くなってもありました。この光景も意外と見ごたえがありました。

f:id:nintemyou:20200519150716j:plain

しばらく歩いていくと滝が見えてきました。見た感じまだ結構距離がありますね。

ようやく展望台に到着。

f:id:nintemyou:20200519150757j:plain
f:id:nintemyou:20200519150815j:plain

20分ほど歩いてようやく到着しました。間近まで来ると迫力があります。

ちなみに称名滝と呼ばれる滝は左側で、右側はハンノキ滝と言いまた違う滝になります。

実はこのハンノキ滝の方が落差があるのですが、これが日本一となっているわけではありません。それは山から流れる水量が多い時でないと現れない滝なので、いつも流れているわけではないからです。

時期的なものもあると思いますがこの日はしっかりと二つの滝が見えて迫力もあり、見ごたえがありました。

f:id:nintemyou:20200519150704j:plain

滝壺付近では水しぶきがすごく通るだけで髪や服が濡れてしまいました。この時期の水量は雪解け水が流れ出しているのでかなりの量が流れ込んでいると思われます。

 まだまだ走り足りない。けど疲れた。笑

f:id:nintemyou:20200519150650j:plain

この日は約150kmほどの道のりとなりました。もっと走りたい気持ちもありましたが疲れも見えてきたので早めに帰宅しました。もともと運転はしやすいバイクなのでこれくらいの距離では大したことはありませんでしたが、先にお尻が悲鳴をあげてきました。

どんな頑張っても1時間半くらい経つとしんどいです。シートは改良されてよくなったみたいですがどんなもんなんですかね。

コンフォートシートが純正であるので余裕があれば替えてもいいんですけど今は無理ですね。笑

お国からもらえる10万が入ったら考えようかな。まあでも慣れとかもあると思うんで長距離をもう少し走ったらまた検討してみます。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!