EDR-21のアプリの使い方。夜間の動画記録も。


アプリですぐに確認できるEDR-21

このドライブレコーダーを取り付けた理由の一つが撮った動画をスマホのアプリで確認できることです。いざ見たいと思っても、家に帰ってパソコンを開かないと見れないようじゃ遠出のツーリングでは不便なこともあると思います。

EDR-21のアプリの操作画面はシンプルで、動画を見たり保存する「再生」、画質や記録方法が変更できる「設定」、使い方等を確認できる「ガイド」の3つです。正直アプリだけで基本的な機能はすべてできるのでパソコンで編集するとかそういうのでなければこれで十分だと思います。

ここから、それぞれの機能を軽く紹介していきたいと思います。

また、過去のレビュー記事もあるので合わせて読んでみてください。

⇒⇒⇒ミツバサンコーワ ドライブレコーダー(EDR-21) レビュー

接続と再生・保存方法

接続方法

アプリを開いて再生を開くとEDR本体に接続してくださいと出ますのでそのままタップすると接続手順が出てきます。

まず、キーをONにしてスイッチボタンを3秒以上長押するとインジケーターランプが点滅します。(青色で2回ずつ点滅)

点滅を確認したらスマホ側でEDR_MotoDR~と続くWi-Fiがでてくるので接続します。

そうしたら下のEDR本体と接続で接続ができます。Wi-Fi通信中はインジケーターが点滅します。(赤と青が1回ずつ交互に点滅)

しばらくすると読み込みが終わり、記録されている動画が表示されます。容量の大きいSDカードを使用している場合は読み込みに時間がかかる可能性があります。

再生・保存等の方法

一覧で出てきたファイルをタップすると一連のファイルを再生するか個々のファイルを表示するか選択できます。

ファイルリストを見るをタップすると30秒ごとに録画されたファイルを見ることができます。ここで再生したいものを選択すればファイルの再生が始まります。

保存・削除・保護・保護解除

動画を保存または削除・保護をしたい場合は個々のファイルが表示右上にある・・・(横3点)マークをタップします。

そうすると保存・削除・保護・解除と出てくるので行いたい操作を選択した後、対象のファイルを選べばオッケーです。

各種設定・ガイド

機能

ここは取り付けてしまえばあまり触らない項目だと思います。使用していてファイルの不具合があった時などはSDフォーマットをするくらいでしょうか。

以前に動画が全く読み込めなかったので一度フォーマットをしたことがあります。その後は問題なく動作したので、何度も上書きすることも考えたら定期的にフォーマットをした方がいいと思います。もちろんフォーマットする前には必要な動画はパソコンなどにバックアップしておきましょう。

録画/録音

ここでは動画の映像、音声の各種設定ができます。基本的に1080p、高画質を選ぶべきかな思います。その分動画のデータ量が増えますが、衝撃時や任意で記録した動画は別で保存されるので常時記録はいっぱいになってもこっちはそんなすぐにはなくならないと思います。

ちなみにSDカードの残容量が下に表示されています。フォーマット後の写真なのでこれをみると常時録画は8時間11分、衝撃/手動録画は3時間22 分記録できるみたいですね。(SDカードは128GB使用)

ガイド

ガイド画面ではアプリの詳しい説明や本体の取扱説明書などを見ることができます。その他、インジケーターの表示一覧もありドラレコがどういう状態かというのもここで確認することができます。

EDR-21の夜間の動画

最後に夜間撮影した動画を載せておきます。

夜間に関してはそれほど期待しない方がいいかもしれません。映像としては十分撮れていますが白飛びしている部分も結構見受けられるのでまあドライブレコーダーならこんなものかと思います。さすがに車のナンバーまで確認するにはかなり車間を詰めないといけないです。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!