「トップガン マーヴェリック」新旧Ninjaが出てくる映画が気になる。


トム・クルーズ主演で1986年公開の「トップガン」から34年の時を経て続編の「トップガン マーヴェリック」が今年12月25日に公開されます。航空アクション映画はいつの時代も男心をくすぐるものがありますね。

本来なら7月10日に公開される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で先送りになりました。全米では当初19年7月19日に公開予定でしたが撮影の都合とコロナの影響もあいまって、20年12月23日となり、1年5か月ほどの延期となりました。世界でも待ち望んでいる人が多くいるのではないでしょうか。

前作ではトム・クルーズ演じるマーヴェリックが相棒であるグースを失い、その悲しみを克服しトップガンの教官になるというところで終わりました。当初のマーヴェリックと比べ、個人の技量だけでなくチームワークというもの知り最後には一流のパイロットへ成長することができました。

その中に恋愛模様も織り交ぜ、最後まで見ごたえのあるストーリーで面白かったです。とりあえずハッピーエンドで終わりよかったなと思います。

そうして、今回教官になったマーヴェリックを主人公に今作は描かれているようです。

今の時代映像技術が格段に進歩している中、今作ではCGを使うことなく出演者が本物の戦闘機に乗って撮影しているということで気合の入り方がものすごいです。役作りであっても戦闘機の耐G訓練は厳しいものだったと思います。

こういったところもさすがアメリカという感じで、日本ではとうていできなさそうだと言わざるを得ないです。予告だけでも迫力が伝わってきて、公開日が待ち望まれます。

そして、この映画には航空アクションともうひとつバイク乗りなら注目したいものがあります。それは初代NinjaのGPZ900Rと最新のNinja H2が登場するということです。

『トップガン マーヴェリック』特報よりGPZ900R
『トップガン マーヴェリック』特報よりNinja H2

当時最速GPZ900Rと現在、公道最速とうたわれるNinja H2の共演が30年以上の時を経て実現できるのもすごいことだと思います。それも日本のカワサキがっていうところがなんだか誇らしいですね。技術力ではカワサキは昔から最先端をいっているんだなと感じる部分です。特報でも両車がばっちり写っていますね。

もちろん戦闘機もF-14トムキャットからF/A-18E/Fスーパーホーネットになっており高性能になっていますのでそのあたりのドッグファイトのアクションも期待できます。公開までまだ半年以上ありますが、今からすごく楽しみです!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!