純正大型ウインドシ-ルドを装着。風防効果のほどは?Ninja1000SX


今後のツーリングに備え快適性アップを狙い、ウインドシールドを交換しました。装着したのはKawasaki純正の大型ウインドシ-ルド(スモーク)です。お値段は税込¥16,390でした。

プラザで注文しましたが、パーツ自体はメーカーに在庫があったので注文の翌営業日には到着していました。さすが早いですね!シールドの取り付けはサービスでしていただけるという事で天気の合間をみて後日プラザへ向かいました!

装着後は以下ような感じになりました。スモークにしたということもあって、結構印象が変わりました。

本当は社外品でもよかったのですが2020 Ninja1000SX 適応の物が見つからなかったので純正の物を購入しました。

シールドを替えてどうなったか、結論からいうと高速では確実に風が軽減されるのを体感できました

標準シールドとの比較

シールド単体ではこのような感じで一回り大きくなっているのがわかります。特に左右に飛び出ている部分が違いとしては大きく分かりやすいですね。また、大型シールドは上端部がより湾曲して風防効果がでるような形状になっています。



次に、装着した状態での比較をしていきたいと思います。まずは標準シールドの寝かせた状態と立てた状態です。

次に大型シールドの寝かせた状態と立てた状態です。

見比べると単体で比べる以上に変化が大きいというような印象です。大きくなってスモークにした分、前から見るとより変化がわかります。

スタイリングに関しては、これはこれで意外にマッチしているように思えて個人的にはこっちの方がいいんじゃないかなと思っています。

大型ウインドシールド装着後の変化

高速道路を少し走りましたが体感としては、標準のシールドと比べ体全体が覆われていると感じられました。特に両腕あたりに来る風が少なくなりジャケットのバタつきがかなり軽減されたように感じました。これはシールドが横にも広がったおかげだと思います。

また、スクリーンをいちばん立てた状態では少し伏せるだけですっぽり体が隠れるので、かなり風が当たるのを軽減してくれます。これなら長時間乗っていても疲れにくくなると思います。

しいて言えばもう少し縦方向の長さがあってもいいなと思いました。標準よりは長いですがそこまで大きくは変わらないのでヘルメットのシールドあたりまでは普通に風が来ます。前に近づけば頭のほとんどは覆われるので風切り音が軽減され、虫もヘルメットのシールドにはつかなくなると思います。

とはいうものの、全体的な風防効果は大きいので個人的には満足しています。もともとの標準シールドでも十分風は防いでくれるので、一般道の法定速度+αの速度域なら大型シールドにしなくても快適性にそんなに大差はないと思います。

大型化したスクリーンですが、ミラーを折りたたんでも干渉しないのは地味にありがたいです。まあ純正品ですから当たり前ですかね。

シールドを大型化したことでさらにツアラーらしくなり、これからのツーリングも楽しみになってきました。例年だと梅雨明けの時期ですが、今年はもう少し時間がかかりそうですね。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!