海王丸パークと新湊大橋。富山のツーリングスポット。


海王丸パークは大型帆船を見ることができる数少ない場所。

富山に立ち寄りの際におすすめしたいツーリングスポットが海王丸パークです。

海の貴婦人と呼ばれる純白の帆船、「海王丸」が展示されているこの場所は晴れの日は多くの人が集う場所となっています。

海王丸の進水日が2月14日のバレンタインデーということもあって、この海王丸パークが「恋人の聖地」にも選定され、デートスポットにもなっています。

海王丸は、商船学校の練習船として誕生した帆船で、今から90年前に竣工・進水されました。また、建造された所が現在の川崎重工の前身となった川崎造船所でKawasakiの乗りの方はルーツを辿るいい機会になるのではないでしょうか。

船内も有料ですが見学することができ、当時の歴史を感じながら各設備や部屋などを見ることができます。船外からも観光船で見学でき、「日本のベニス」と呼ばれる内川も同時に観光できます。

また、普段は帆が畳まれた状態ですが、年に数回総帆展帆(そうはんてんぱん)と言って全ての帆が展開された状態で見ることができます。

出典 http://www.kaiwomaru.jp/park/

帆が展開されるとさらに迫力が増して見ごたえがあります。今年の総帆展帆予定日は以下の通りとなります。

2020年総帆展帆予定日
8月30日(日)
9月20日(日)
10月18日(日)
11月1日(日)

悪天候の場合は中止になるので事前の確認が必要です。また、今年はコロナウイルスの影響で軒並み中止となっているので、今後の予定も状況次第では中止になる可能性があります。

天気のいい日は海王丸と新湊大橋の向こうに立山連峰も臨むことでき、ここでしか見ることのできない景観を楽しむことができます。

周辺には遊具や展望広場、レストランなどもあって家族連れの方も多く集まり地元の人たちの憩いの場ともなっています。

歩いても行ける新湊大橋。

海王丸パーク周辺のランドマークとして新湊大橋があります。斜張橋と呼ばるタイプの橋でこれが日本海側では最大級の橋になります。

海面から橋桁まで47mあり、海王丸パーク側から走れば、天気がいいと立山連峰を一望できるので、景観を楽しみながらゆったり走るのがおすすめです。

主塔の高さは127mもあり、富山県で一番高いビルがインテックビル、通称タワー111(トリプルワン)でその高さが111mなので、それより高いですね。

橋は制限速度が50km/h、また駐停車禁止の為橋の上から写真は撮ることができないのでこの景色は是非直接行って見てください!

橋の上から写真は撮れませんが道路の下に歩行者専用の通路「あいの風プロムナード」があり、そこからなら眺望もゆっくり楽しむことができます。

出典 https://www.imizu-kanko.jp/sightseeing/453/

ここからは富山湾や立山連峰、射水平野などの景色を楽しめます。通路まではエレベーターで登るので疲れる事は無いと思いますが、全長は480mあるので渡りきるとなると結構歩きます。

ちなみに自転車も通ることができますが、安全のため降りて通行する必要があります。

ライトアップもきれいで夜もおすすめです。

楽しめるのは日中だけではありません。夜はライトアップされた海王丸と新湊大橋がとてもきれいで昼間とはまた違った雰囲気を見ることができます。

ライトアップは基本的に毎日22時頃までされているので、夜ならいつでも見ることができます。

海王丸パーク:公式HP

きららか射水観光ナビ:新湊大橋

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!